アディダス

2023年6月発売!アディゼロボストン12【最新情報】レビュー情報

2023年6月1日遂にアディゼロボストン12が発売開始

アディゼロボストンは、反発力と推進力が高まり
レーシング仕様へと進化した!

市民ランナーでSUB5からSUB3.5まで狙っている方にはおすすめ!!

公式HPより引用

デザインもかっこいい!!見た目でクッション性能が良くなったのが分かる!!

【ボストン12と11を比較】

何が違うのかを表に記してみましたので参考にしてください!

ボストン12 ボストン11
重さ(27㎝片足) 270g 270g
ミッドソール rightstrikeproクッショニングとright strike2.0EVA rightstrikeproクッショニングとright strikeEVA
厚み 39.5㎜ 39.5㎜
Eー2E Eー2E
アッパー ライトウェイトメッシュ 2レイヤースーパー
ライトメッシュ
カーボン機能 フルレングスEnergyRods2.0 前足部にグラスファイバー
  • 前作と比較して重さや厚みなどはあまり変わっていない
  • アッパーがライトウェイトメッシュになり、柔軟性が上がっている
  • ミッドソールright strike2.0EVAへ進化したことにより推進力が向上。体感では柔らかさが増して跳ねる感じがする。
  • グラスファイバーが全前足部だけでなく踵部まで搭載された結果、接地面にかかわらず助力が加わり、自然な形で反発力が得られ推進力向上へと繋がっている。前足部で走る人、踵から接地する人など様々な走り方に対応できる。
グラスファイバーが前足部より踵部まで延長 画像はスポルティーバより転載

アディゼロボストン12の使い分け

今作は、靴下を履くようなフィット感があり、ミッドソールとカーボン機能が変わったことにより着地の安定感より着地からの反発力が強化され、推進力が違います!

毎日のベーストレーニングに使用してもよいが、レース中心での使用がおすすめ!日頃の練習では、アディゼロSLがおすすめ。アディゼロシリーズの特徴を活かして練習に合わせたシューズ、レースに合わせたシューズと使い分けるといいです。

ただし、6km/分程度の走りだとクッション性が高まったボストン12の反発力を十分に活かしきれない部分もあります。また、スピードトレーニングなどはもう少し軽めのシューズが適しています。それらの点を加味して購入する方は検討すると良いです。

レビュー情報

公式サイトでは1件のレビュー情報。⭐️5の評価がされていました。素材が柔らかく走りが軽くなったとの評価が見られています。

実走感のレビューに関して、6km/分、5km /分、4km /分と段階的にペースに合わせてのレビューが見られましたので以下のyoutubeを参考にしてみてください。

まとめ

  • フィット感が向上(圧迫感が減った)
  • クッション素材がEVA2とグラスファイバーが延長したことで反発力と推進力が格段に向上
  • サブ4〜3.5を目標にしているかたにおすす。!

adidasボストン12を解説してきました。モデルチェンジというよりはアディゼロボストン11の全てのスペックを格段に向上させたシューズとなっています。

グラスファイバーを使用していることで反発性と推進力が向上したことでレースでも十分に使えるシューズと成長しています。