アディダス

2023年12月1日発売開始!アディゼロタクミセン10【レビュー情報】

2023年12月1日より全国で発売開始!アディゼロシリーズの一足、タクミセン10について紹介していきたいと思います。前回のタクミセン9はアッパーの強度に難点を感じていた方も多かったと思います。今回は前回の課題をより改善した使用になっています。気になる方は最後までチェックお願いします。

今回の改善点は大きく3つあります!

・サポート性とホールド性の改善
・反発力と推進力の向上
・あらゆる天候に対応できるグリップ力の強化

 

スペック

商品名 タクミセン10
重さ 200g(27㎝)
厚さ ヒール:33 mm / 前足部:27 mm
クッション ライトストライクPRO
カーボン エナジーロッド
アッパー メッシュアッパー
アウトソール コンチネンタルラバー
価格 22000円
※価格に関しては取扱ショップにて変動あり

価格の詳細に関しては以下のサイトに

改善点

サポート性とホールド性の改善

アッパーの素材がやらかい素材へと変更され、ホールド感に不安を感じるところではありますが、足の甲からつま先にかけてアッパーの形状がフラットに近づいたことでフィット感が高まっています

つま先にかけて薄くフラットに近づいている

 

足の形状が薄い(足の甲が低い)方はフィット感が高まった一足になっています。また、前作よりアッパーの素材が柔らかくなったことで足あたりの不快感軽減や踏み込んだ際の窮屈感が減少し、走りやすくなっています。

また、中足部の内側面に補強材が貼られています。アディゼロ特有のスリングローンチを採用しています。補強剤が貼られていることで、靴紐を締めた時のフィット感がより高まります

足の甲が高い(厚い)、横幅が広い方にとってはデメリットとなる可能性が高いため、試し履きをおすすめします

反発力・推進力の向上

クッションにはadidasの中でも一番の反発力を持つライトストライクPROを採用しています。ライトストライクPROのに関しては以下を参照してください。

ライトストライクPROの特徴
・クッション性、反発性、弾力性、軽量性が最高水準
・2層サンド構造により爆発的な推進力を発揮

前作は、つま先部と踵部分かれていたプレートが今作から踵からつま先までフルレングスのエナジーロッド2.0が採用されています。そのため、しなりが良くなり、横振れが軽減しています。今作はアウトソールがフラットになったため面で接地しやすくなったため、着地の仕方を選ばずに使用することができます。

アウトソールの変化

アウトソールのラバーの位置が変わっています。踵から中足部のどこで接地しても問題ない作りとなっています。また。つま先部にコンチネンタルラバーを採用したことで優れたグリップ力とスリップによるエネルギーロスを軽減させることに繋がりました。

使用用途

・オフィシャルでは、サブ2.5〜3までのランナーでハーフマラソンを目的とした使い方が推奨されています
・使用レビューでは、練習での使用もおすすめされている
・強いカーボンや柔らかすぎる厚底シューズが苦手な方は、距離関係なく使用可能

レビュー情報

発売されたからまもないということもありレビュー数は少なかったですが、オフィシャルでのレビューは高評価でした。

実走レビューなど分かりやすく紹介されていますので参考にご視聴ください。

まとめ

・アディゼロシリーズタクミセン10が発売
・フィット性、反発性、アウトソールなど改善点が多い
・足の甲が厚い、横幅が広いからは試し履き必須
・レース用から練習用まで幅広く使えます。