アシックス

アシックスメタスピードエッジプラス(+)レビュー情報

アシックスメタシリーズの一足、メタスピードエッジプラスについて解説していきます。前作のメタスピードエッジから大幅にアップデートした一足となっており、全くの別物と思ってもらっていいです。前作が合わなかった方でも今作はしっくりくる、という方も多くいらっしゃると思います。そんな、メタスピードエッジプラスについて詳しく解説していきます。

メタスピードエッジプラスがおすすめのランナー
・ピッチ走法の方
・フルマラソン3時間以内の上級者(オフィシャル推奨レベル)
・フルマラソン4時間〜4時間30分以内の方(レビュー評価)

スペック

商品名

メタスピードエッジプラス

重量(27センチ) 210グラム
厚み 31ー39㎜
ドロップ 9㎜
クッション FF BLAST TURBO
カーボン V字形状カーボン搭載
アッパー モーションラップアッパー
定価 27500円
※値段は取り扱いサイトにて変動あり

実際の価格に関しては以下のサイトを確認してください

特徴

クッション性の向上

アシックスの軽量ミッドソールフォーム素材の中で最も反発に優れた素材がFF BLAST TURBOになります。今作はこの素材を前作と比較して16%も多く搭載しています。またミッドソールの厚みも4㎜もアップしており、かなり反発性が向上しています。
厚みをアップさせた上、スカイ+同様にクッションを横に厚めにすることで、大幅なクッション性の改善に繋がっています。以下の画像から横に膨れ上がった部分を見ることができます。

クッションが幅広になっている

 

カーボン搭載の工夫

メタスピードスカイプラスは、足に近い位置にカーボンプレートが搭載されていまが、エッジプラスはV字形状しており、前足部が地面に近い位置でカーボンプレートが搭載されています(画像を参照)。エッジプラスは、ピッチ走行の方に合わせて作成されています。平均的にピッチ走行の方は、蹴り出す力が弱いため、クッション材からの反発が得られにくくなります。

カーボンをV字形状にしたことで前足部が地面に近づき、足指の周辺はクッション材が厚く形成しています。これにより、押す力の弱いピッチ走行でも指先で十分にクッション材を押しつぶすことができ、通常より反発を得られやすくなります

フィット性の改善

シューズ前足部の空間を僅かに広げた作りになっており、レース後半の快適性を高める調整がされています。また、アッパーには、モーションラップアッパーを採用しています。この素材は軽量性に優れ、伸びると素早く縮むという特徴があり、これが足に吸い付くようなフィット感を与えてくれます。

加えて靴紐がギザギザした形状になっているため、外れにくく安心して走ることができます。

推奨ランナー

基本的には、サブ3を目指す上級ランナーに向いているシューズとされています。しかしながら、実走レビューにおいては、サブ4からサブ4時間30分のランナーでも十分にその効果は期待できた、とのレビューもあります。

・基本はサブ3ランナー
・反発や助力はサブ4〜4時間30分ランナーでも得られる

レビュー情報

アシックス公式HPレビュー情報
総レビュー数:429件  平均⭐️4.6


【⭐️5と⭐️4のレビュー情報】
(重量)
・厚底シューズだけど軽い
・厚すぎず薄すぎずでちょうど良い

(推進力)
・形状(V字)により前に転がる感じが良い
・自然と足の回転が多くなる
・反発力がいい
・前傾姿勢がとりやすい
・疲れていても足が出やすい

(フィット感)
・前足部にゆとりがあって履きやすい

(疲労度)
・疲労感が少ないのに驚いた
・長年の膝痛を感じなかった

【⭐️1と⭐️2のレビュー情報】
マイナス点としては、個人的なフィット感での減点が多く聞かれていた。指が痛いや反発の程度が練習が必要など。ただ、レビュー数は一桁なため、使用されている大半の方は上記の評価内容を参考にすると良いと思います。

まとめ

・メタスピードエッジプラスについて解説
・上級者モデルではあるが、サブ4〜4時間30分レベルでも使用可能
・前作よりクッション性、反発性が大幅に改善
・前足部広めの作りなため幅広の方も満足できる作り
・価格は高め設定だが前作からは据え置き
・足への負担が少ないため