アディダス

2023年アディゼロアディオスプロ3【最新情報】レビュー情報

2022年6月に発売されたアディゼロアディオスプロ3!!発売から約1年経過し、様々な大会で使用されるなど実績の伴ったシューズの一つではないでしょうか。今回、改めてアディゼロアディオスプロの機能性や使用レビューをまとめてみましたのでこれからシューズを買ってみようか検討されている方は参考にしてもらえればと思います。

機能

種類 アディオスプロ3
写真
重さ
(27㎝)
250g
厚さ 50.0㎜
ドロップ 8.0㎜
カーボン機能 5本指カーボン
3本ナイロンバー
クッション rightstrike PRO
使用場面 SUB2.5

公式でも使用できる高機能のランニングシューズです。マラソンやハーフマラソンで記録を狙うランナーに向けて高反発機能を搭載したモデルになっています。2層構造のクッションと5本指カーボン、前足先端のcontinentalカバーにより高反発な推進力を持ちスリップによるエネルギーロスを軽減した最高の一足です。記録を狙いたいランナーの方は一度使用してみることをおすすめします。

特徴

①エナジーロッド2.0(5本骨状のカーボンバー)

以前はバラバラに搭載されていたカーボンバーだが、今回は繋がった単一構造に進化させているます。足の裏全体に搭載されたことで着地の反発をより推進力へと変えることができるようになりました。加えてカーボンバー全面に伸びたことで接地した時の安定感が高くなっています。

②ライトストライクプロを使用したクッション(2層構造)

ライトストライクプロは、クッション性・反発性・弾力性・軽量性など全てをハイレベルで実現した低密度高反発ミッドソール。 2層サンド構造により十分な軽量性を保ちながら蹴り出し時の爆発的推進力を発揮し、ハーフからフルマラソンまでの長距離走に対応するクッション性と反発力をランナーに提供することができます。クッション性が高い分、足への負担軽減へと繋がっている。

③コンチネンタルラバー

アウトソール部分にコンチネンタルラバーを使用して蹴り出し時のグリップ力を上げている。これもまた推進力の向上へと繋がっている。今作はラバー面積を大きくしたことでよりグリップ力が高まっている。

シューズの内部構造:2つのクションで挟まれた5本骨状のカーボン。アウトソールにはコンチネンタルラバーが使用。

 

使用方法

基本はレーシングシューズとして使用するシューズになります。フルマラソンでSUB3を目指す方にお勧めです。

カーボンやライトストライクプロにより反発性と強力な推進力が生み出されるため、楽に走ることができる反面、接地感や足の回転などを強化することが難しいため、練習時に履き続けることは控えるべき。アディゼロタクミセン9との相性が良いため、練習用とレース用で使い分けて使用することをお勧めします。

レビュー(口コミ)

アマゾンや楽天で商品購入することができますが口コミが少ない。。。商品自体は箱根マラソン選手で40人ほど使用していたほどなのですが。楽天にて2件口コミがあったので紹介します。

⭐️5と⭐️4の2件
フィット感高まった
・アウトソールのボリュームが良い
・足の回転のしやすさに難あり。

まとめ

  • アディゼロアディオスプロ3を解説
  • 高反発による推進力とカーボンプレートが踵から前足部まで延長したことで安定感も高まった
  • レーシング仕様のためトレーニングのでの使用はお勧めできない
  • SUB3以上を目指す方が対象のシューズ